キャッシングの意味と真髄




さて、キャッシングサービスの本来のありかたというものを考えた事はるだろうか?
キャッシングとはお金の貸し借りである。
どうしても旧な出費が重なった時、友人から借りられる人は考えようによっては恵まれた人である。なぜならば、それだけ信用されているからだ。
小額のうちは快く貸してくれる人もいるであろう。が、金額が大きくなったり、回数が頻繁になるにつれ、借金を頼まれた方は少なからず不愉快な思いを抱くようになるのだ。
こうした事を繰り返すうち、やがては信用を失うことになり、人間関係に悪影響を及ぼすことは少なくない。このような煩わしさを解消するのがキャッシングである。
気兼ねなくキャッシングができる消費者金融のサービスは、正しい利用さえすれば有意義なものとなる。キャッシング会社はお金を貸すのが商売なので、快く貸してもらえる。
よくよく考えてもらいたい。消費者金融会社は利息が掛かるが、友達や家族ならば利息は請求しない。では、なぜ消費者金融からわざわざ借りるのか?
答えはおのずと出るが、気兼ねや煩わしさがなく、いつでも気軽にキャッシングができる。
これこそが庶民金融の真髄なのだ。
しかし欠点もある。銀行と比較した場合、高金利であることは否めないのだが、これには理由があるのだ。

続きを読む

キャッシング乱トップページ

(C) 2009 キャッシング乱