過払い金は自主返還?

政府の多重債務者対策本部の有識者会議は平成21年2月3日、金融庁で会合を開き、日本貸金業協会の関係者を招いて貸金業界の現状をヒアリングしたが、有識者委員の反応は極めて厳しいものだった。改正貸金業法は昨年六月までには完全施行される見通しだが、有識者委員は完全施行に伴う貸金業者の貸し渋り、貸し剥がしの「横行」による利用者の混乱に強い懸念を示し、行政はもとより貸金業界においても、混乱収拾に向けた対応策の早急な検討を強く求めるだけだった。
会合では、日本貸金業協会の渡辺範善、菊一護の両常務執行役がヒヤリングに応じたが、そのうち貸金業界の現状については、渡辺常務が同協会が毎月公表している月次統計資料と十月に公表した「貸金業者の経営実態等に関する調査」をもとに説明した。
渡辺常務は月を追うごとに減少を続ける貸金業者数と協会員数の推移を示した後、貸金業界の実態を示す意味から、貸金業界を構成する各業態を説明。
その上で改正貸金業法が施行後、月間の貸付金残高、供与額が右肩下がりで減少傾向を続けている状況を述べた後、そのような状況に追いやられ
る貸金業者の融資姿勢の変化について触れ、その要因として、
1.上限金利引き下げを見据えた与信基準の見直し
2.総量規制への備えとしての与信枠の抑制1で説明できると指摘した。
その上で、本格施行後の利用者への混乱が懸念される総量規制の導入の影響については、調査で半数の大手貸金業者が保有債権の60%から100%が総量規制に抵触すると回答したことを踏まえ、「大事業者の保有債権が約一千百万件に及ぶことから、五百万件以上の債権に与信見直しが行われる予定」と説明。
他方、インターネットによる利用者調査から、調査に応じた消費者金融利用者の約44%が総量規制に抵触すると答える一方で、総量規制の実施については、回答者の21%しか知らなかったことなどにも言及した。

有識者による自由討議では、法改正時には想定されていなかった金融危機に伴う信用収縮と景気悪化を背景に、完全施行時における利用者の混乱発生を前提に、混乱をどう回避しソフトランディングしたらいいのかという点を有識者の間における暗黙の了解として議論が進められた。
池尾一人委員(慶応大学教授)は「総量規制で市場のゆがみ、ひずみを惹起するおそれがある。
有識者会議でも対策を検討する必要がある」との指摘に応えた宇都宮健児弁護士は、「他社借入五件は減少しているが、四件以上は増えている。
税金など滞納者の督促の際に、消費者金融からの借入の有無の義務づけや、据り起こしで分かった多重債務者を弁護士に送致するなど、政府としても今まで以上の努力が必要」と述べ、本多良男委員(全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会事務局長)は「貸金業者は過払い金の有無を利用者にきちんと知らせていない。
過酷な取立てはまだ続いている」などと述べ、貸金業者に過払い金の自主的な返還を、行政が指導・勧告するよう主張した。
野村修也萎貞(中央大学教授)は「完全施行後は資金ショートした借り手に対する貸し渋り、貸
し剥がしが激しくなるおそれがある」として、行政、協会でもきちんとした対応を求めた。
さらに、有識者の意見をまとめる形で須田慎一郎委員(金融ジャーナリスト)からは「過払い金
の返還は最高裁判決を受け、社会的にコンセンサスを得ている。
貸金業者に法的に返還を義務づけるべきだ」と、最後には現在もまだ生きている貸金業規制法を無視する発言まで出た。

サイト内関連記事

過払い金返還請求とは
過払い金返還請求とは利息制限法を超過して支払った利息については、返還請求すること......
過払い金返還請求の実態
弱者救済だったはずの改正貸金業法が、一部の弁護士とヤミ金業者を潤している これは......
過払い金返還請求の実態2
依頼者に虚偽報告して40万円を横領した弁護士 これで俄然やる気になっているのが、......
過払い金返還請求の実態3
(弁護士は完全に動揺し、震える手でタバコに火をつけた。) 弁護士 身に覚えがない......
過払い金返還請求の実態4
過払い金請求者が 次に頼るのは闇金 相次ぐ借り手有利の最高裁判決や偏った消費者保......
とにかく何でも「業界が悪い」の論議
この際、とれるものはトコトンとろうという考えなのか、「利息返還金は連絡がなくても......

▲このページのトップへ